Loading

生前遺影写真撮影のススメ!

映画「エンディング・ノート」が上映されるなど、「終活」(シュウカツ)と言う言葉が
広まりつつあります。終活では、自分自身の最期を自分らしくとの要望があります。

終活をされている方の多くの方が、残された家族に迷惑をかけずにいたいとの思いがあります。

「遺影写真」を事前にご用意されることは、とても大切なことです。

もし万が一の時、ご家族は慌しく準備をしなければいけません。
遺影写真も同様です。アルバムから遺影写真に出来る写真を選ばなくてはなりません。

お元気な間に撮影しておけば、そんな心配も必要ありません。
たった一枚の写真ですが、とても大切な写真だと思っています。

遺影舎では、出張撮影専門です。
「自分らしい」写真をお考えの方々へ。。

あなたの大切な一枚を、心を込めて撮影させて戴きます。

当スタジオでは、下記のようなご要望にお応えします!

✔、自分自身で「自分らしい」写真を選びたい!
✔、自分らしいエンディングを準備しておきたい!
✔、お気に入りの場所で、お気に入りの衣装で撮影がしたい!
✔、ご夫婦で、サークールで、仲間たちと一緒に撮影がしたい!
✔、これまでに遺影写真より、自分らしい写真を希望している!

エピローグムービー

写真から、スライドショーと現在の動画を組み合わせ、動画を編集致します。
大切な方がへ、思い出とメッセージをお伝えすることができます。
Blu-rayやDVDディスクでお渡しいたします。
告別式で思い出動画を上映することができます。

なるみ・岡村の過ぎるTV出演!

「終活」の特集で遺影舎が取材されました。
生前遺影撮影が増えてきたことについて、そのメリットをお話しました。
「自分らしい写真」が生前遺影写真です。
ますます、お元気なうちに撮影される方が増えていきます。

遺影写真が中心です。

参列に来られた方がまずご覧になるので、祭壇に飾られた故人の写真になります。
プロが撮影したものと、スナップ写真から作ったものでは、印象はまったく違います。
遺影写真は本当に大切です。
是非、事前に準備しておくことをお勧めいたします。